錬金術師のコーヒー
不思議の森に佇む
小さな小屋
そこには、世界の至る所からあるものを求めて旅人達が集う。
そのある物とは
質の高い純粋な至福の時間。
そこで飲む事の出来るコーヒーは、錬金術の力を閉じ込めて、
飲めば散漫な時間達はいなくなって代わりに煙に精霊を宿す。

その精霊が踊る様に今踊る、砂漠の魂に
旅人の心は解き放たれて
蛇の姿で夜を待つ。

今夜はきっと素晴らしいと
蛇の直感
開く時間