流遊記

昨日の事です。2013.7.8 mon

7日に行われたzineのイベント会場、SPACE ORBIT に忘れ物をしてしまったので、
どしゃ降りの雨上がった19時過ぎた頃、三茶にバイクで向かいました。
おれの住んでる目黒区辺りではもう止んでいた雨でしたが、
世田谷方面向かうにつれてどうやら雨雲に追いついてパラパラと雨が降っていました。
空には新月の始まりの夜闇に、薄く敷かれたベールみたく雲がかかっていた。
三茶エリアに入った頃赤信号で停車した時にふと空を見上げた瞬間の事でした。
そのベールのように広げられた雲の中、
一つの起点から幾重にも伸びて広がる凄まじい稲妻が走った。
あんなに素晴らしい稲妻の完全な姿を観たのは生まれて初めてだったので、
心は踊り、気づくと一つ雄叫びをあげていた。
ホーオウ!
瞬きをしていたならば、見逃していたであろうあの姿は、
間違いなく大いなる者の姿だった。
… おれはあの稲妻を決して忘れない。

その後、夜が少し深くなった頃、思いたって心預ける者と二人海へと向かった。
雲は晴れど、湿度に少し霞む空の上方、星々が幾つも輝く新月の星夜だ。
波間へと歩んで行くと、、、

波は神秘の青で光っていた

夜光虫の青い光が波あるごとに夜の海に神秘的な帯を産んでは繰り返す。
その繰り返す青く光る波を
眺めては歩き歩いては眺めて飽きなかった。

銀河に渦巻く星々の中
青く浮かぶ惑星に今を生きる事を許された
そこでどう生きるかはそれぞれの自由だけど、
選択の中で辿り着く場所は決まっているように思える。
まるで一つの起点から、幾重にも伸びて広がる稲妻みたく。
だとしたら、昨日の稲妻を、青く光る波を、おとといの虹を、
歌う雷を感じる事が出来る処に辿り着く選択をして来て良かったと
感謝の気持ちで満たされた。

皆さんこんにちは
今日も暑い
素晴らしい一日を!

2013.07.09

2013年、七夕はとてもいい七夕だった。

地下の空間でZINEを売っていた時、
そこまで届く雷鳴を聴いたしばらくして上がって外に出ると、
雨が滴る中陽光が夕方の強烈な西日を放っていたので、
もしや虹が出るかもと東の空に目をやると
そこにはやはり大きな虹が出ていた。
嬉しくて雨の中虹のもっと見える方にいくと
雷が歌を歌っていた
空には真っ白い巨大な雲が
素晴らしく浮かんでいて
… その雲見てたら幼いころに書いた俳句が頭に浮かんだ

夏の空
今にも落ちそう
白い雲

夏の学校で俳句大会があった時
山道で見上げた時に観た空がくれた歌
この俳句はコンテストで佳作になって
なんだか嬉しくも恥ずかしかった思い出の歌

全てが素晴らしい瞬間に、俺の横で同じ世界を一緒になって
見上げてくれてた人がいたおれはその人と巡り合えて
本当に良かったと
雨と虹とそれを運ぶ巨大な入道雲と光の中

今までの人生で最高の七夕だった。

そしてきっとあの雲は

”雲ゆく空のかなた”ゆく
白き翼
雲の王のその姿

2013.07.08

Think the Art

2013年4〜5月と三軒茶屋 orbitにて展示会を行った作品の模様です。
インテリアとしてのアートをもっと楽しむための「Think the Art」です。
アート作品は決して敷居の高いものでもなければ、理解が必要というものではありません。

純粋に率直に感覚的に、どんな事でもいいので自分にとって「好き!」
と思えるものを見たり買ったりと楽しむものです。

加藤士文の作品は感覚を刺激してくれます。

 

project.E,inc:sin Robin ota

 

こちらの作品はすべて販売作品ですので、世界に一つしかない オリジナルアートをゲットしてくださいませ。

 

作品に関する問い合わせはこちら↓

universe@project-e.co.jp

2013.06.24

シドニーにて

totems

suberb

splash

2013.03.08

歩き、見てきたもの。

cape shank

hikarinohashira

light story

phoenix

2013.03.06

オーストラリアで・・・

2013年、明けてもう一月も終わり、節分が過ぎた。

はやっ

1月12日に、オーストラリアから帰って来ましたが、向こうでなにやってたとか
全然アップ出来て無かったので今更ながらアップしていきたいと思います。

ということで、、、

まずは展示編からのこの3枚。

去年の11月30日に神戸で演奏したその足で日本を出て、シドニーに到着したのが12月1日。

着いて速攻展示が始まるっていうなかなかの流れに乗って、展示は始まってるけど、
今描いてます的な初日の模様です。

寒い日本から真夏のオーストラリアへ!

新鮮な汗かいてます。

わくわくしてました。

 

 

apolo shimon

IMG_5920

sun bird-01

 

2013.02.07

オーストラリアの空より

西暦2013年 明けましておめでとうございます。

本年も旅は続いて行きます。

地平のその先へ! 全てに幸が有りますように。

 

2013.01.01

There are two main reasons for why I paint dragons.

1. Nobody has never seen the real dragons as living creatures, so i can create them in any form with my imagination.

 

2. In Japanese, we call dragons as “RYU” and the sound of the word “RYU… ” could mean “FLOW” as well. So my opinion to the truth of the real dragons is they are the flow you can feel all around you in the nature, such as wind flow, water flow, money flow etc. And if you just let yourself release and believe on the natural flow, you could reach where ever you should go, and the journey you would get through on that flow would become the greatest treasure of your life. Once you get that feeling, I would say you are the Dragon Rider.

 

 

2012.12.19

A Dragon Rider’s “The Story of the Light” in Australia

Shimonオーストラリアにて個展中。
賑わっているようですね。

 

 

 

 

 

2012.12.07

「青い鳥」劇中PAINTING

雷ストレンジャーズ主宰によるこどもと大人のための朗読会
「青い鳥」にShimonが 劇中ライブペインティングを行ないました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012.12.05

“light seed spreader”

seed of light
future smile
say again to the people who is moving right
a kite flying above your mind 
who is it?
its a light seeds spread
on land
you can pick

2012.11.08

「タネヲマクヒト」Shimon Live Paint

今回は「光のお話し」です。

 

2012.11.06

Indian Summer Party 龍遊記05

久々の木登り 一番、意識がはっきりしている自然との対話

 

2012.10.25

Indian Summer Party 龍遊記04

二日間、暖をとらせてくれた、火の神様に感謝の渦巻き

 

2012.10.25

Indian Summer Party 龍遊記03

火の歌 歌う 心の鳥 れーいろーうオー と 渦が巻く

 

 

2012.10.25

Indian Summer Party 龍遊記02

はい、すみません。

 

 

2012.10.25

1 2